洋画

難波田 龍起

Tatsuoki Nambata

1905年 − 1997年
奥深い精神性をたたえた独自の抽象画を確立。

略歴

History

1905年 北海道旭川市に生まれる。翌年、父の陸軍退役にともない一家で東京に上京。
1913年 本郷区駒込林町に転居。高村光太郎のアトリエの裏隣に住むことになる.
1923年 早稲田第一高等学院に入学。 在学中に、会津八一らに英語を学部。 9月、関東大震災直後の夜警当番で高村光太郎の面識を得る。
1927年 前年に入学した早稲田大学経済学部中退。 太平洋画会研究所、本郷絵画研究所に学ぶ。
1928年 川島理一郎主催の金曜会に入る。
1929年 国画会展初入選。
1934年 福島コレクション展でルオーやピカソの作品に興味を抱く。 この頃、松本竣介らと交流する。
1937年 自由美術家協会結成に会友として参加。翌年会員となり毎年出品する。(’59退会)
1941年 次男、史男が生まれる。
1974年 次男、史男がフェリーから転落死。(享年35歳)
1987年 東京国立近代美術館にて「今日の作家 難波田龍起展」開催。毎日芸術賞受賞。
1996年 文化功労者顕彰。
1997年 92歳で肺炎のため逝去

Works

News