洋画

須田 国太郎

Kunitaro Suda

1891年 − 1961年
スペインに渡り、ヴェネツィア派やバロック絵画を研究。帰国後は西洋絵画を基礎としながら、日本独自の油絵を探求。褐色を基調とした重厚な作風を確立した。

略歴

History

1891年 京都に生まれる。
1916年 京都帝国大学文学部哲学科(美学美術史を専攻)卒業。
1917年 関西美術院に学ぶ。
1919年 スペインに渡る。ヴェネツィア派、バロック絵画を学ぶ。
1923年 帰国。京都帝国大学や京都市立美術専門学校などで美術史・実技教えるかたわら制作を続ける。
1934年 独立美術協会会員となる。
1947年 日本芸術院会員となる。
1950年 京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)教授となる。
1961年 70歳で死去。

News