洋画

山口 長男

Takeo Yamaguchi

1902年 - 1983年
戦前から非具象的表現を行い、戦後も一貫して独自の抽象表現を展開。日本アブストラクト・アート・クラブを結成し、同会員として第18回アメリカ抽象美術展に出品したのをはじめ、サンパウロ、ヴェネツィアの両ビエンナーレ展、グッゲンハイム賞美術展などの国際展のほとんどに出品し、海外からも高く評価された

略歴

History

1902年 京城(現韓国ソウル)に生まれる。
1921年 本郷洋画研究所、川端画学校に学び、東京美術学校入学。
1927年 東京美術学校卒業。荻須高徳らと上杜会を結成。渡仏。
1931年 帰国。二科展入選。抽象的な作品を制作し始める。
1938年 二科会会友となる。九室会を結成。
1945年 二科会会員となり、1962年まで出品を続ける。
1953年 日本アブストラクト・アート・クラブを結成。
1954年 アメリカ抽象美術展出品。 現代日本美術展優秀賞受賞。武蔵野美術学校教授となる。
1962年 芸術選奨文部大臣賞受賞。
1983年 80歳で逝去

News