2021.11.11

石田淳一展 -日々の貌-

この度、永善堂画廊では3年ぶり2回目となります石田淳一展を行います。

数年前、石田先生が当画廊へいらっしゃった際に、ある作品の前で足を止められたことがありま した。詩魂の画家とも言われる山口薫(1907-1968年)が愛犬を描いた油彩作品です。山口薫が残 した愛犬の作品は、走り描きのように残されたラフな鉛筆スケッチや水彩画から、堅い板に描き 込まれた油彩画、版画や銅板まで多岐に渡り、そこには日常生活のふとした瞬間に垣間見られる 愛犬の姿がほのぼのと愛情深く描き出されています。                                                                                                                             石田先生とこの作品との出会いの後、奇しくも世界は新型ウイルスと闘うこととなりました。より愛猫と過ごす時間が増えた暮らしの中から誕生したのが、愛猫の「日々の貌」をテーマとした 作品でした。  石田先生の代名詞である静謐かつ透明感溢れる静物画と共に一堂に展示いたします。 ぜひともこの機会にご高覧賜りますようお願い申し上げます。

石田淳一展 -日々の貌-

2021年12月10日(金) - 18日(土)
※会期中無休
11:00 - 18:00(土・日は17:00まで)
作家在廊日 / 11.13.15.16.17.18日
新型コロナウイルス感染拡大の状況により、開催日時等が変更される場合がございます。
予め御了承ください。