その他

ジョアン・ミロ

Joan Miro

1893年 ― 1983年

略歴

History

1893年 バルセロナに生まれる。
1907年 バルセロナの商業学校に通い、同時にラ・ロンハ美術学校で学ぶ。
1912年 バルセロナのフランセス・ガリ美術学校で学ぶ。
1922年 初期の代表作「農園」を制作。
1924年 シュルレアリストのグループに参加。
1933年 エングレーヴィング(銅版画)をはじめる。
1937年 パリ万国博覧会のスペイン館のために大壁画「刈り入れ人」を制作。
1940年 代表作である「星座」シリーズの制作を開始。
1954年 ベネチア・ビエンナーレで国際版画大賞を受賞。
1956年 マヨルカ島に移住。
1959年 パリ、ユネスコ本部の陶板壁画でグッゲンハイム国際賞を受賞。
1962年 パリ国立近代美術館で大回顧展。
1966年 東京国立近代美術館で日本で最初の大回顧展。(京都国立近代美術館に巡回) ミロ夫妻、初来日。
1969年 大阪万国博覧会のガス館のために陶板壁画を制作、来日。
1975年 バルセロナに「ジョアン・ミロ財団ー現代美術研究所」(通称「ミロ美術館」)開館。
1978年 マドリッドのスペイン現代美術館で大回顧展。
1979年 バルセロナ大学より名誉博士号を贈られる。
1983年 マヨルカ島にて自宅にて死去。