洋画

林 武

Takeshi Hayashi

1896年 ― 1975年
はじめは文学を志していたが、絵画に転向。戦後になってからは原色を多用し、絵具を盛り上げて重厚な作品を描いた。安井曾太郎、梅原龍三郎のあとをうけて東京芸術大学教授をつとめ、後進の指導にあたった。

代表作
『梳る女』(1949)(大原美術館)

略歴

History

1896年 東京に生まれる(本名・武臣)
1820年 日本美術学校に入学、翌年に中退
1921年 二科展初入選、樗牛賞を受賞
1930年 独立美術協会結成に参加
1952年 東京芸術大学美術学部教授に就任
1959年 日本芸術院賞を受賞
1967年 文化勲章を受章
1971年 国語問題協議会会長に就任
1975年 78歳で死去