洋画

曽宮 一念

Ichinen Somiya

1893年-1994年

略歴

History

1893年 東京都に生まれる。
1911年 早稲田中学校を卒業し、東京美術学校西洋画科に入学する。
1913年 光風会へ「桑畑」を出品する。
1914年 第8回文展に「酒蔵」が入選する。
1915年 画家・中村彝に兄事する。
1916年 東京美術学校西洋画科を卒業。 東京の私立成蹊中学校で講師となる。(~1918年)
1918年 福島県の私立石川中学校で講師となる。(~1919年)
1921年 この年より二科会へ出品する。
1925年 第12回二科会樗牛賞を受賞する。
1931年 二科会会員となる。
1935年 独立美術協会会員となる。
1944年 静岡県良原市に疎開する。
1945年 富士宮市に移る。
1946年 国画会会員となる。文展の審査員となる。
1957年 浜松において曾宮一念、耳野卯三郎、鈴木保徳、寺内萬治郎、石橋武治、高間惣七の6人で、六鳥会展を開催する。
1965年 視力障害のため自ら国画会を退く。
1967年 ヨーロッパへスケッチ旅行に出る。
1971年 失明し、画業を廃業する。
1994年 死去