洋画

和田 英作

Eisaku Wada

1874年 ― 1959年
肖像画や薔薇などの花を題材にした静物画を多く描き、晩年には静岡県清水市に転居して富士山を描き続けた。また、油絵以外にも壁画や舞台装飾など幅広く活躍。東京美術学校校長もつとめた。

代表作
『渡頭の夕暮れ』1897/東京芸術大学芸術資料館
『おうな』1908/東京国立近代美術館
『薔薇』1926/ポーラ美術館

略歴

History

1874年 鹿児島に生まれる。
1891年 明治学院を中退し、曽山幸彦、原田直次郎に本格的に油絵を学ぶ。
1896年 黒田清輝の目にとまり、白馬会の結成に加わる。
東京美術学校西洋画が開設され、助教授の任に就くが、一度その職を辞して同校同科4年に編入し、翌年卒業。
1900年 文化庁留学生として渡仏。ラファエル・コランに師事。
1903年 帰国し、東京美術学校教授となる。
1919年 日本芸術院会員となる。
1932年 東京美術学校校長となる。(4年間)
1934年 帝国技芸員となる。
1943年 文化勲章受章。
1959年 84歳で死去。