洋画

児島 善三郎

Zenzaburo Kojima

1893年-1962年
ほとんど独学で絵を学び、二科展や独立美術協会で活躍した。装飾性豊かで格調の高い作品を描いた。日本的洋画に拘った。

代表作
『アルプスへの道』1951/東京国立近代美術館

略歴

History

1893年 福岡に生まれる。
1914年 岡田三郎助の本郷洋画研究所で2ケ月学び、東京美術学校を受験するが不合格となり、その後は独学で学ぶ。
1921年 二科展初入選。翌年二科賞受賞。
1923年 円鳥会に参加。
1924年 渡仏。(’28まで)二科展への出品は続けた。
1930年 二科会会員となるが同年退会し、林武らと独立美術協会の創立に参加。
1962年 69歳で死去。

News