洋画

中山 忠彦

Tadahiko Nakayama

1935年 ―
現在の日本洋画界を代表する画家の一人であり、日展、白日会展を中心に活躍する。
徹底した写実表現と華麗な女性美を追求した作風で知られる。
主に良江夫人をモデルとする着衣の女性像は、作家自身が収集したアンティーク・ドレスの数々を着用しており、優美で質感豊かな表現がモデルの内面を浮かび上がらせている。

略歴

History

1935 福岡県に生まれる
1953 上京し、伊藤清永に師事 伊藤絵画研究所に入門
1954 第10回日展に初出品、「窓辺」が初入選
1958 白日展に「群像」を出品し、会員に推挙される
1965 結婚。以後、夫人が主要作品のモデルとして登場する
1969 改組第1回日展に「椅子に倚る」を出品し、特選賞を受賞
1972 渡欧
1987 日展会員となる
1990 日展に「青衣」を出品、日展会員賞を受賞
1996 日展に「華粧」を出品、内閣総理大臣賞を受賞
1998 「黒扇」にて日本芸術院賞を受賞 日本芸術院会員となる
1999 日展常務理事となる
2001 日展事務局長となる
2002 白日会会長に就任する
2007 北九州市民文化賞を受賞 市川市市政功労賞を受賞
2009 日展理事長となる 中津市民栄誉賞を受賞
2014 市川市名誉市民として顕彰される
2015 市川市文化振興財団理事長に就任