洋画

熊谷 守一

Morikazu Kumagai

1880年-1977年
初めは文展に出品、1915年からは二科展に出品し、解散されるまで出品し続けた。初期は写実的作風で描き、晩年は板に単純された形と色彩で平面的な作品を描いた。また、墨絵や書も多く描いた。「画壇の仙人」と呼ばれた。

代表作
『陽の死んだ日』1928/大原美術館
『ヤキバノカエリ』1948 – 1956/岐阜県美術館蔵
『白猫』1959/豊島区立熊谷守一美術館

略歴

History

1880年 岐阜県に生まれる。
1904年 東京美術学校西洋学科卒業。
1916年 二科会会員となる。
1947年 二紀会創立に参加。(’51退会し無所属となる)
1967年 文化勲章辞退。
1977年 97歳で死去。