洋画

国吉 康雄

Yasuo Kuniyoshi

1889年-1953年
アメリカを代表する作家の一人として活躍、高く評価された。初期は幻想的な作品を描き、2度の渡欧とジュール・パスキンらの影響を受けモデルを使った人物画を描くようになる。サーカスの少女を好んで描いた。日米戦争の時代を乗り越え、戦後にはホイットニー美術館で現存画家として初の回顧展が開催された。制作以外にも、母校アート・ステューデンツ・リーグ教授やアメリカ美術組合初代会長、アメリカ美術家会議副議長など活躍した。

代表作
『誰かが私のポスターを破った』1943/個人蔵

略歴

History

1889年 岡山県に生まれる。
1906年 渡米。
1914年 インディペンデント・スクール・オブ・アーツ(ニューヨーク)入学。
1916年 アート・スチューデンツ・リーグ(ニューヨーク)入学。ケネス・ヘイズ・ミラーに学ぶ。
1917年 独立美術家協会展出品。前衛的な画家の集まるペンギン・クラブに入る。
1922年 ニューヨークのダニエル画廊で個展開催、画廊閉鎖まで8回個展を開く。
1925年 渡欧、ジュール・パスキンと交流をもつ。(1928年に2度目の渡欧)
1929年 ニューヨーク近代美術館の「19人の現代アメリカ画家展」に選ばれる。
1933年 アート・ステューデンツ・リーグ教授となる。美術家団体アン・アメリカン・グループの委員長となる。
1936年 アメリカ美術家会議に参加。
1944年 カーネギー・インスティチュート全米絵画展で1等賞受賞。
1947年 美術家組合を設立し、会長となる。(1951年まで)
1948年 ホイットニー美術館で現存画家初の回顧展開催。ルック誌が「現代アメリカの10人の画家に選出。
1952年 ヴィネチア・ビエンナーレのアメリカ代表に選ばれる。
1953年 ニューヨークにて、63歳で死去。