洋画

鴨居 玲

Rei Kamoi

1927年-1985年
社会や人間の闇を描き、緊張感に満ちた作品を発表した。
具象絵画の登竜門である安井賞を受賞。
1971年にスペインに渡り、ラマンチャ地方の村バルデペーニャスに暮らして村人たちを描き、老人たちや、酔っ払いのシリーズなどを生んだ。
自画像も多く描いた。人間を愛した画家。

代表作
『静止した刻』1968/東京国立近代美術館
『1982年 私』1982/石川県立美術館

略歴

History

1927年 石川県金沢市に生まれる。
1950年 金沢市立金沢美術工芸専門学校(現金沢美術工芸大学)卒業。宮本三郎に師事した。
ニ紀会同人となる。
1952年 六甲洋画研究所で後進の指導にあたる。
1959年 渡仏。
1965年 南米流浪を経て再びパリに渡る。
1969年 安井賞受賞。昭和会優秀賞受賞。
1971年 スペイン・ラマンチャ地方の村バルデペーニャスに暮らす。
1984年 金沢美術工芸大学の非常勤講師となる。
1985年 57歳で自殺。

Works

News