洋画

香月 泰男

Yasuo Kazuki

1911年-1974年
戦争とその後の強制労働の体験を、黒と褐色を中心に描いた「シベリア・シリーズ」で知られる。故郷の山口県の三隅に香月泰男美術館がある。

略歴

History

1911年 山口県に生まれる。
1929年 上京し、川端画学校で洋画を学ぶ。
1936年 東京美術学校卒業。藤島武二に学んだ。
1939年 在学中より国画会展に入選し、この年奨学賞受賞。新文展特選受賞。
1942年 召集を受ける。その後の強制労働の体験が作品全体の主題となる。
1969年 日本芸術大賞受賞。
1974年 昭和49年(1974) 62歳で死去。

Works