洋画

荻須 高徳

Takanori Ogisu

1901年-1986年
25歳で渡仏し、戦況悪化により帰国を余儀なくされた一時期を除いて、生涯パリで制作を行い、支持された。石造りの街並みなどパリの下町風景を多く描いた。佐伯祐三、ユトリロの影響を受けた。

代表作
『サン・タンドレ・デザール広場』1938/ポンピドゥーセンター
『モンマルトル裏』1940/東京国立近代美術館

略歴

History

1901年 愛知県稲沢市に生まれる。
1921年 上京し、川端画学校に入る。藤島武二に師事。
1927年 東京美術学校卒業。渡仏。佐伯祐三に導かれパリの街を描き始める。
1928年 サロン・ドートンヌ入選。後に会員となる。
1940年 一時帰国。サロン・ドートンヌ出品作がパリ市買い上げとなる。新制作派協会会員となる。
1948年 再び渡仏し、永住する。
1956年 フランス政府より、レジオン・ドヌール勲章を授与。
1974年 メダイユ・ド・ヴェルメイユ受賞。
1982年 文化功労者顕彰。
1986年 パリにて、84歳で死去。文化勲章受章。

News