洋画

糸園 和三郎

Wasaburo Itozono

1911年-2001年
独立美術協会展初入選を果たした1931年頃から、シュルレアリスムの影響を受けた作品を描き始め、前衛的な作家が多く集まり美術文化協会を結成した。戦時中は戦争画を一切描かなかった。戦後は自由美術家協会会員を経て、1964年より無所属で活動した。

略歴

History

1911年 大分県に生まれる。
1927年 上京し、川端画学校、前田写実研究所に学ぶ。
1930年 春陽会展初入選。
1931年 独立美術協会展初入選。独立美術研究所にも通う。
1939年 美術文化協会の結成に参加。
1943年 新人画会の結成に参加。
1946年 郷里で絵画塾を開く。
1947年 美術文化協会を退会し、新人画会、自由美術界協会に所属。
1957年 日本大学芸術学部で指導にあたる。
1964年 自由美術家協会を退会し、無所属で活動する。
2001年 89歳で死去。