洋画

有元 利夫

Toshio Arimoto

1946年-1985年
東京芸術大学デザイン科在学中にヨーロッパを旅し、イタリアのフレスコ画に魅せられた。 岩絵の具や箔を使いキャンバスに描くなど、日本の古典美術の技法とフレスコ画の魅力を独自の画風で表現した。 卒業制作では敬愛するピエロ・デッラ・フランチェスを引用した作品を発表し、大学買い上げとなった。 また、バロック音楽を愛し、音校のリコーダーの実技授業に出席しており、作曲も行った。 とても人懐っこい性格であった。



代表作 『花降る日』1977/三番町小川美術館

略歴

History

1946年 岡山県に生まれる。東京で育ち、 子供のころから油絵を描く。
1969年 5度目の挑戦で東京芸術大学デザイン科に入学。
1973年 デザイナーとして電通に入社。
1976年 電通を退社し、東京芸術大学の非常勤講師となる。
1978年 安井賞特別賞受賞。
1981年 安井賞受賞。
1985年 肝臓癌により、38歳で死去。

News