洋画

浅井 忠

Cyuu Asai

1856年-1907年
イタリアの画家・フォンタネージに油彩画を学ぶ。農民や漁師を主題とし日本のミレーとも呼ばれた。指導者としても優れており、梅原隆三郎や安井曽太郎らを輩出。また、アール・ヌーヴォーや日本の伝統的文様などを取り入れ、図案制作や工芸作品にも取り組んだ。

代表作
『春畝』1888/東京国立博物館(重要文化財)
『収穫』1890/東京芸術大学(重要文化財)

略歴

History

1856年 江戸に生まれる。
13歳頃から佐倉藩の南画家黒沼槐山に日本画を学ぶ。
1876年 洋画家国沢新九郎の画塾彰義堂に入門。
1878年 工部美術学校に一期生として入学。イタリア人画家アントニオ・フォンタネージから本格的に西洋美術を学ぶ。
1879年 明治美術会設立。
1898年 東京美術学校教授となる。
1900年 渡仏。
1902年 京都高等工芸学校教授となる。
1903年 聖護院洋画研究所(1906年に関西美術院)を設立。 梅原隆三郎や安井曽太郎を輩出した。
1907年 51歳で死去。

News