洋画

青木 繁

Shigeru Aoki

1882年-1911年
近代を代表する九州出身の洋画家。日本神話に題材とした作品を多く残す。自由奔放な性格で中央画壇の権威を嫌い、父親の死後は九州で活動するも、28歳の若さで急逝する。

代表作
『黄泉比良坂(よもつひらさか)』(1903年)(東京藝術大学大学美術館)
『自画像』(1904年)(東京藝術大学)
『海の幸』(1904年)(重要文化財、石橋美術館)
『わだつみのいろこの宮』(1907年)(重要文化財、石橋美術館)

略歴

History

1882年 久留米市に生まれる。
1888年 6歳の時に単身上京し、不同舎に入って小山正太郎に指導を受ける。 のちに東京美術学校に入学し、黒田清輝から指導をうける。
1903年 白馬会8回展に出品した『黄泉比良坂』で白馬会賞を受賞。
1904年 東京美術学校を卒業。交友の深かった坂本繁二郎や不同舎の生徒で恋人でもあった福田たねらとともに千葉県の布良に滞在。代表作『海の幸』を描いたとされる。
1905年 たねとの間に子供を授かる。
1907年 東京府勧業博覧会に『わだつみのいろこの宮』を出品し3等賞を受けるも、その色彩と浪漫的な作風が当時の画壇に認められず、その後の展覧会では落選を続ける。
1908年 父親が死去。その影響で放浪を続け心身共に衰弱していく。
1911年 入院先の福岡市の病院で28歳の若さで死去する。