洋画

津高 和一

Waichi Tsudaka

略歴

History

1911年 現在の大阪市浪速区で誕生。幼少期に津高家の養子に入り、兵庫県西宮で育つ。
1927年 16歳で詩人として活動を始める。
1932年 日本軍に衛生兵として入隊。翌年にはハルビン陸軍病院に派遣されたが、結核を患い療養。
1938年 療養を終え、絵に興味を持ったことから中之島洋画研究所にて洋画を学ぶ。
1946年 行動美術協会展などに出品。翌年の出品作で、今泉篤夫から注目を置かれるようになる。
1952年 サンパウロビエンナーレ展に出品。
1958年 現代の日本美術展優秀賞を受賞。
1965年 行動美術協会を退会する。
1969年 大阪芸術大学美術学科教授を務める。(~85年まで)86年には名誉教授となる。
1995年 阪神淡路大震災で自宅が倒壊。被災死する。

News