洋画

増田誠

Makoto Masuda

1920年-1989年
パリを拠点としてフランス画壇で活躍した洋画家。ヨーロッパ各地を訪れ、街角や港、市井の人々の暮らしの中に漂う哀歓を親しみを込めて描き続けた。

略歴

History

1920 山梨県に生まれる
1938 吉田尋常高等小学校に美術の代用教員として奉職(~’39)
1941 徴兵され、海外での駐屯を経験
1950 釧路市で看板業を営む傍ら画業を行う
帝展画家上野清貢に師事
1957 渡仏
1958 サロン・デ・アンデパンダンに出品、以降毎年出品
1960 ポントワーズ市展に招待出品、ポントワーズ芸術会員となる
シェルブール国際展に招待出品、グランプリを受賞
1962 サロン・ナショナル・デ・ボザールに出品、パリ市近代美術館の会員に推挙される
1963 サロン・ドートンヌに出品、会員に推挙される
1987 都留市において増田誠絵画展を開催
1989 肺炎のため死去

Works