日本画

横山 操

Misao Yokoyama

1920年 − 1973年
煤や石灰などを画面に擦り付け、黒い色を基調に力強く大胆な構図で描いた。洋画のようにも見えるが日本画であり、日本の伝統的水墨画の発展に意欲を示した。

代表作
『塔』1957/東京国立近代美術館
『炎炎桜島』1956/新潟県立近代美術館

略歴

History

1920年 新潟県に生まれる。
1934年 上京し、洋画を学ぶ。
1939年 川端画学校に入り、日本画を学ぶ。
1949年 青龍展初入選。
1951年 青龍社研究会に入会、青龍社社子となる。以後青龍展に出品を続ける。(1962年退会)
1956年 青龍展青龍賞受賞。
1965年 多摩美術大学で指導にあたる。(翌年教授となる)
1973年 53歳で死去。