日本画

安田 靫彦

Yukihiko Yasuda

1884年 − 1978年
前田青邨ともに歴史画の大家であり、焼損した法隆寺金堂壁画の模写にも携わる。古美術にも造詣が深く中でも良寛の書では研究家としても有名。良寛の出身地である新潟県出雲崎町の良寛堂の設計も行った。


代表作
『黄瀬川陣』1940-41/東京国立近代美術館(重要文化財)
『卑弥呼』1968/滋賀県立近代美術館
『飛鳥の春の額田王』1964/滋賀県立近代美術館

略歴

History

1884年 東京日本橋に生まれる。本名は新三郎。
1897年 帝室博物館で法隆寺金堂壁画の模写に感動。また日本絵画協会展で、横山大観、菱田春草、小堀鞆音らの作品に感動し、画業を決意する。
1898年 小堀鞆音に師事。前田青邨らと共に紫紅会を結成し研鑽を積む。
1901年 紫紅会に今村紫紅を加え、紅児会と改称する。 東京美術学校を中退する。
1907年 岡倉天心に認められ五浦研究所に招かれる。
1908年 国画玉成会を結成。 その展覧会に「守屋大連」「夢殿」などの歴史画を出品し注目を浴びる。
1934年 帝室技芸員となる。
1944年 東京美術学校教授となる(1951年まで)
1948年 文化勲章受章。
1958年 財団法人となった日本美術院の初代理事となった。
1965年 東京芸術大学名誉教授となる。
1978年 94歳で死去。