日本画

前田 青邨

Seison Maeda

1885年 − 1977年
安田靫彦と共に日本の歴史画の大家であり、花鳥画や肖像画なども手掛け、戦後の日本画界を牽引した。靫彦、古径とともに「院展三羽ガラス」と言われた。

代表作
『洞窟の頼朝』 二曲一隻 絹本着色・屏風 大倉集古館 1929年(昭和4年) 再興16回院展・ローマ日本美術展覧会出展 重要文化財
『知盛幻生』 紙本着色・額 個人蔵 1971年(昭和46年) 再興56回院展出展

略歴

History

1885年 岐阜県中津川出身に生まれる。
1901年 上京し、梶田半古に師事し、翌年に半古から「青邨」の画号を貰う。
1907年 安田靫彦らが主宰していた研究団体の紅児会に入り研鑽を積む。
1914年 再興された日本美術院の同人となる。
1922年 実業家の望月軍四郎の援助で小林古径と共に日本美術院留学生として渡欧し、翌年、大英博物館にて中国・東晋の名画「女史箴図巻」を模写して帰国。
1930年 「洞窟の頼朝」で第1回朝日賞受賞。この作品は2010年に重要文化財となった。
1937年 帝国芸術院会員に推挙され、昭和19年(1944)には帝室技芸員になる。
1951年 東京芸術大学日本画主任教授に就任。翌年より平山郁夫が助手となる。
1955年 文化勲章を受章。文化功労者に推挙される。
1962年 東京芸大名誉教授となる。
1967年 隆寺金堂壁画再現事業の総監督に安田靫彦と共に就任。
1973年 高松塚古墳壁画模写事業の総監督者を務める。
1974年 ローマ法王庁からの依頼によりバチカン美術館に納める「細川ガラシャ像」を完成させる。
1977年 92才で逝去する。