日本画

平山 郁夫

Ikuo Hirayama

1930年 − 2009年
被爆の経験から、平和を願う作品を多く描いた。38歳のときに初めてアフガニスタン、中央アジアを取材して以来、毎年のようにシルクロードと仏蹟の取材を行った。世界の文化遺産保護活動にも精力的に取り組んだ。また、東京芸術大学の第六代・第八代学長をつとめた。

代表作
『仏教伝来』1959/佐久市立近代美術館
『大唐西域壁画』2000/薬師寺玄奘三蔵院壁画

略歴

History

1930年 広島に生まれる。
1952年 東京美術学校卒業。助手となる。
1953年 院展初入選。
1961年 日本美術院賞(大観賞)受賞。渡欧。
1964年 日本美術院同人となる。文部大臣賞受賞。
1966年 カッパドキアの洞窟修道院壁画の現状模写に従事。
1967年 法隆寺金堂壁画再現事業に参加
1973年 東京芸術大学教授となる。
1978年 院展内閣総理大臣賞受賞。
1989年 東京芸術大学となる。(~1995、2001~2005)
1993年 文化功労者顕彰。
1996年 日本育英会会長となる。仏レジオン・ド・ヌール勲章受章。日本美術院理事長となる。
2005年 東京国立博物館特任館長となる。
2009年 79歳で死去。