日本画

東山 魁夷

Kaii Higashiyama

1908年 − 1999年
国内での知名度・人気が非常に高く、国民的日本画家となった。大きな壁画や寺院の障壁画を、長い年月をかけて描いた。また、文章家でもあり、著作も多い。川端康成と親交が深かった。

代表作
『道』1950/東京国立近代美術館
『緑響く』1982/長野県信濃美術館東山魁夷館

略歴

History

1908年 横浜に生まれる。本名新吉。
1931年 東京美術学校卒業。結城素明に師事。魁夷を雅号とする。
1933年 東京美術学校研究科修了。渡欧しベルリン大学に入学。
1934年 日独交換学生に選ばれ、ベルリン大学哲学科美術史部に入学。
1947年 日展特選受賞。
1956年 日本芸術院賞受賞。
1960年 宮内庁から依頼された東宮御所の壁画が完成。
1965年 日本芸術院会員となる。日展理事となる。
1969年 文化勲章受章。文化功労者顕彰。
1980年 10年の歳月をかけ、奈良・唐招提寺の障壁画が完成。
1999年 90歳で死去。