日本画

速水 御舟

Gyoshu Hayami

1894年 − 1935年
近代日本画の最高峰にまで登りつめた天才画家。従来の日本画に縛られず、西洋画技法を取り入れ、徹底した細密描写により静物や人物の質感まで顔料で描いた。やがて幻想的、象徴的な表現と融合させた。

代表作
『名樹散椿』1929/山種美術館(重要文化財)
『炎舞』1925/山種美術館(重要文化財)

略歴

History

1894年 東京浅草に生まれる。本名は蒔田栄一。
1908円 歴史画家松本楓湖に師事。
1911年 巽画会展で一等賞受賞、宮内省買い上げ。今村紫紅の勧めで紅児会に入る。
1913年 紅児会が解散し、活躍の場を院展に移す。
1914年 今村紫紅を中心に赤曜会を結成。
1917年 院展出品作「洛外六題」」で横山大観、下村観山らを驚嘆させ、同人となった。
1930年 ローマ美術展覧会の美術使節として渡欧。
1935年 腸チフスにより、40歳で死去。