日本画

中村 岳陵

Gakuryo Nakamura

1890年 − 1969年
土佐派の川辺御楯に師事して習得した伝統的な大和絵の技法に、近代西欧絵画の表現を取り入れた。院展を中心に活躍したが、戦後脱退。その後は日展に所属して没するまで制作活動を続けた。日本画家・中村宗弘は孫にあたり、代表作「孫」のモデルは中村宗弘である。

代表作
『孫』1951/東京国立近代美術館

略歴

History

1890 静岡県下田に生まれる。 本名は恒吉。 10代のうちに上京し、琳派の流れを汲む野沢堤雨や土佐派の川辺御楯に師事し、伝統的な大和絵の技法を習得した。
1908 東京美術学校日本画科・選科に入学して寺崎広業・結城素明に学び、横山大観の知遇を得る。 安田靫彦らの紅児会に入会し、日本美術院の作家と交流を深め日展に活躍の場を移すまでは、院展で才を発揮した。
1912 東京美術学校を主席で卒業。
1914 今村紫紅と赤耀会を設立する。
1915 再興日本美術院同人となる。
1926 日本美術学校教授となる。
1930 日本画家の福田平八郎、山口蓬春、洋画家の中川紀元、牧野虎雄らと六潮会を設立する。
1935 帝国美術院改組に際して、参与になり、以後は文展、日展に出品した。
1940 法隆寺金堂壁画模写主任を務める。
1947 日本芸術院会員となる。
1950 日本美術院を脱退。日展に出品を続け、1958年日展常務理事となる。
1959 大阪四天王寺金堂壁画制作。
1962 文化勲章受章。文化功労者顕彰。
1969 78歳で死去。