日本画

徳岡 神泉

Shinsen Tokuoka

1896年 − 1972年
京都市立美術工芸学校を優秀な成績で卒業し、京都市立絵画専門学校に進んだが、連続して文展に落選。しかし初出品から12年後に初入選を果たすと、翌年から2年連続で特選を受賞、帝国美術院無鑑査となった。構成の単純化と装飾化を進め、幽玄かつ象徴的画境を確立。

代表作
『菖蒲』1939/東京国立近代美術館
『赤松』1947/東京国立近代美術館

略歴

History

1896年 京都市に生まれる。
1909年 竹内栖鳳の画塾竹杖会に入る。翌年京都市立美術工芸学校絵画科入学。 京都市立美術工芸学校卒業後、京都市立絵画専門学校入学。
1917年 京都市立絵画専門学校卒業。
1919年 落選が続いていたが、日本無名展で褒章受章。俊成の号を用いる。
1920年 号を神泉と改める。 初めからやり直すことを決め、再び竹杖会に入る。
1926年 帝展特選受賞。(’26)
1939年 新文展出品作文部省買い上げ。
1951年 日本芸術院賞受賞。
1957年 日本芸術院会員となる。
1966年 文化勲章受章。
1972年 76歳で死去。