日本画

高山 辰雄

Tatsuo Takayama

1912年 − 2007年
東山魁夷、杉山寧と並んで日展三山と評された。現代日本を代表する日本画家。戦後まもない1946年頃にはゴーギャンの影響を強く受けた作品を発表。日展で特選を受賞する。母子像や風景を得意とし、幻想的な深い色彩で描いた。

代表作
『浴室』1946/大分県立芸術会館

略歴

History

1912年 大分市に生まれる。
1931年 東京美術学校に入学。在学中より松岡映丘の画塾に入る。 昭和11年(1936)
1936年 東京美術学校卒業。
1946年 日展特選受賞。(’49)
1960年 日本芸術院賞受賞。
1964年 芸術選奨文部大臣賞受賞。
1970年 日本芸術大賞受賞。
1972年 日本芸術院会員となる。
1975年 日展理事長となる。(’78~常務理事・顧問)
1979年 文化功労者顕彰。
1982年 文化勲章受章。
2007年 肺炎により95歳で死去。