日本画

杉山 寧

Yasushi Sugiyama

1909年 − 1993年
従来の平面的だった日本画を超越し、自ら作り出した技法でマチエールを構造的に表現。新しい日本画に挑み続けた巨匠。しばしば取材旅行をし、エジプトやインドなどの古代遺跡や、抽象画や裸婦など従来の日本画にはなかった題材も手掛けた。抽象と写実を融合した新たな作品世界は「造形主義」と評された。

代表作
『穹』1964/東京国立近代美術館
『洸』1992/ポーラ美術館

略歴

History

1909年 東京に生まれる。
1928年 東京美術学校に入学。 松岡映丘に師事。
1931年 帝展初入選。
1932年 帝展特選受賞。(最年少)
1933年 東京美術学校を首席で卒業。
1934年 山本丘人・高山辰雄らと「瑠爽画社」を結成 。
1938年 肺結核を病む。
1943年 朝鮮満洲支那へ取材旅行をするも、その後は病のために長く創作活動が止まる。
1951年 長い沈黙を破り日展に「エウロペ」発表。
1956年 雑誌「文藝春秋」の表紙絵原画を毎号制作。(~’82)
1958年 日展に会員として出品。(~’74)
1969年 日展常務理事となる。(’74理事長となる)
1970年 日本芸術院会員となる。
1974年 文化勲章を受章。併せて文化功労者にも選出される。
1993年 84歳で死去。