日本画

小林 古径

Kokei Kobayashi

1883年 − 1957年
16歳で上京して、梶田半古に日本画を学ぶ。日本絵画協会展に出品するとともに、今村紫紅・安田靫彦らの紅児会に参加する。1914年に日本美術院が再興され、同人となり、中心的人物となる。大和絵・琳派・古画などを研究し、近代的な造形感覚を取り入れ、新古典主義と呼ばれる画風を確立した。

代表作
『髪』1931/永青文庫(熊本県立美術館寄託)重要文化財

略歴

History

1883年 新潟県に生まれる。 本名は茂。
1889年 上京して、梶田半古に日本画を学ぶ。
1912年 文展で認められる。
1914年 再興された院展で同人に推された。
1922年 西洋美術を研究するため前田青邨と共に渡欧留学する。
1923年 大英博物館で中国・東晋の名画「女史箴図巻」を模写する。
1935年 帝国美術院会員となる。
1944年 東京美術学校教授に就任。 帝室技芸員となる。
1950年 文化勲章受章。
1957年 74歳で死去。