日本画

川合 玉堂

Gyokudo Kawai

1873年 − 1957年
日本の自然を愛し、あるがままの姿を現した温和な風景画が今も人気を博し、青梅の地には玉堂美術館がある。

代表作
『二日月』1907/東京国立近代美術館
『行く春』1916/東京国立近代美術館(重要文化財)

略歴

History

1873年 愛知県に生まれる。
1887年 京都に出て、初めは望月玉泉門下として研鑽をつみ、後に幸野楳嶺門下に入り、丸山円山四条派で学ぶ。
1890年 「玉堂」と号するようになる。
1896年 上京し橋本雅邦に師事。日本美術院に参加。
1900年 私塾「長流画塾」を主宰。
1915年 東京美術学校日本画科教授となる。
1940年 文化勲章受章。
1944年 かねてより頻繁に写生で訪れていた東京都西多摩郡三田村(現・青梅市)に疎開しそのまま定住する。住居を「偶庵」、画室を「随軒」と称した。
1957年 83歳で死去。