日本画

加山 又造

Matazo Kayama

1927年 − 2004年
父は西陣織の衣装図案を業としていた。東京美術学校卒業、早くから日本画の新世代として注目される。日本画の伝統的な様式美を現代的な感覚で表現。創造的な絵画世界は海外でも高い評価を得ている。また、版画、陶器、壁画、天井画、装飾デザインなども幅広く手掛けた。

代表作
『千羽鶴』1970/東京国立近代美術館
『春秋波濤』1966/ 東京国立近代美術館
『雪』『月』『花』1978/東京国立近代美術館

略歴

History

1927年 京都に生まれる。
1944年 京都市立美術工芸学校修了。東京美術学校入学。
1949年 東京美術学校卒業。山本丘人に師事。
1950年 創造美術展初入選。
1951年 新制作展新作家賞受賞。
1966年 多摩美術大学教授となる。
1973年 日本芸術大賞受賞。
1974年 新制作日本画部が独立、創画会となり会員となる。
1988年 東京芸術大学教授となる。
1997年 文化功労者顕彰。
2003年 文化勲章受章。
2004年 76歳で死去。