日本画

鏑木 清方

Kiyokata Kaburaki

1878年 − 1972年
明治の風俗、東京下町の風情に、当世風の美人画を終生に渡り描き続けた。終戦後より移り住んだ鎌倉・雪の下の邸宅跡には鎌倉市鏑木清方記念美術館が建てられている。

代表作
『一葉女史の墓』1902年/鎌倉市鏑木清方記念美術館
『三遊亭円朝像』1930年/東京国立近代美術館(重要文化財)

略歴

History

1878年 東京神田に生まれる。
1891年 浮世絵師の系譜をひく水野年方に師事。 17歳の頃より、父親の条野採菊が経営していた「やまと新聞」に挿絵を描き始める。
1898年 日本絵画協会展に初めて大作を出品する。
1901年 仲間の画家と烏合会を結成。
1916年 吉川霊華、平福百穂らと金鈴会を結成。
1927年 帝展に出品した「築地明石町」が帝国美術院賞を受賞。
1944年 帝室技芸員となる。
1972年 93歳で死去。