日本画

加藤 栄三

Eizo Kato

1906年 − 1972年
弟は日本画科の加藤東一。東京美術学校の同学年には東山魁夷や橋本明治がいた。1945年の岐阜空襲により、これまでのほとんどの作品が焼失してしまった。1948年創造美術の創立に参加したが2年後に脱退、以後日展に所属して度々審査員をつとめた。

略歴

History

1906年 岐阜県岐阜市に生まれる。
1929年 帝展初入選。
1931年 東京美術学校卒業。結城素明に師事。
1936年 文展文部大臣賞受賞。
1939年 文展特選受賞。
1948年 創造美術の創立に参加。(1950年脱退)
1958年 日展新発足、評議員となる。
1959年 日本芸術院賞受賞。
1969年 日展理事となる。
1972年 65歳で死去。