日本画

片岡 球子

Tamako Kataoke

1905年 − 2008年
自分の信念を貫き、大胆な構図と鮮やかな色彩、力強い筆遣いで描いた。富士山シリーズや面構(つらがまえ)シリーズが特に有名。女子美術専門学校(現女子美術大学)卒業後、小学校に務め、女子美術大学、愛知芸術大学の定年後は客員教授として100歳まで教職に携わった。

略歴

History

1905年 札幌市に生まれる。
1923年 北海道庁立札幌高等女学校卒業。女子美術専門学校入学。吉村忠夫に師事。
1926年 女子美術専門学校(現女子美術大学)卒業。 小学校に勤めながら制作を続ける。
1930年 院展初入選。
1946年 安田靫彦に師事。
1952年 院展日本美術院賞受賞。日本美術院同人となる。
1955年 小学校を退職、女子美術大学日本画科講師就任。(’60~助教授、’65~教授、’66~客員教授)
1961年 院展文部大臣賞受賞。
1966年 愛知県立芸術大学日本画科主任教授就任。(’73~客員教授)
1981年 日本美術院理事となる。
1982年 日本芸術院会員となる。
1986年 文化功労者顕彰。
1989年 文化勲章受章。
1993年 愛知県立芸術大学教官・卒業生と約20年かけて法隆寺金堂壁画模写全32面が完成。
2008年 急性心不全により、103歳で死去。