日本画

小茂田 青樹

Seijyu Omoda

1891年 − 1933年
17歳で上京し松本楓湖の安雅堂画塾に入る。同日に入塾した速水御舟とは終生のライバル関係となる。院展に初入選した1915年頃から結核を患うようになり病魔との闘いを余儀なくされた。写実性と装飾性の融合にこだわって描き続けた。

代表作
『出雲江角港』1921/東京国立近代美術館
『虫魚画巻』1931/東京国立近代美術館

略歴

History

1891年 埼玉県川越町(現川越市)に生まれる。本名は小島茂吉。
1908年 上京。松本楓湖の安雅堂画塾に入る。ライバル関係になる速水御舟も同日に入門。
1913年 巽画会展出品作を原富太郎に買い上げられ、以降、支援を受ける。 京都南禅寺で仮寓、古典を研究。
1914年 今村紫紅が主宰する赤曜会に参加。号を青樹とする。
1915年 院展初入選。
1921年 日本美術院同人となる。
1925年 杉立社を設立。後進の指導にあたる。
1929年 帝国美術学校(現武蔵野美術大学)教授に就任。
1933年 咽頭結核が悪化により、41歳で死去。