日本画

小倉 遊亀

Yuki Ogura

1895年 ー 2000年
上村松園、片岡球子とともに日本を代表する女流画家。女性として初の日本美術院同人となる。1926年院展に初入選、逝去年の2000年まで連続出品。身近なモチーフによる人物画や静物画が多く、澄んだ明るい色彩と、明快な構図で近代的な作品を描いた。

代表作
『浴女』1938年/東京国立近代美術館
『小女』1954/東京国立近代美術館
『舞妓』1969/京都国立近代美術館

略歴

History

1895年 滋賀県大津市に生まれる。 本名ゆき、旧姓溝上。
1917年 奈良女子高等師範学校(現奈良女子大学)卒業。
1920年 女子高の教師を務めるかたわら、 安田靫彦に師事。
1926年 院展初入選。(以後2000年まで連続出品)
1932年 女性として初の日本美術院同人となる。
1936年 小倉鉄樹と結婚。
1954年 上村松園賞受賞。
1962年 日本芸術院賞受賞。
1976年 日本芸術院会員となる。
1980年 文化勲章受章。
1990年 日本美術院理事となる。(’96まで)
1998年 奈良女子大学名誉博士の称号授与。
2000年 105歳で死去。