日本画

奥村 土牛

Togyu Okumura

1889年 − 1990年
小林古径を生涯の師として仰いだその実直な性格に表されるように澄んだ日本画を描いた。胡粉を最も生かした日本画家ともいえる。土牛の雅号は出版社を営んでいた父が、土牛が丑年であったことにちなみ、寒山詩の一節「土牛石田を耕す」から引用してつけたもの。

代表作
「鳴門」 (1959年) 山種美術館所蔵
「醍醐」 (1972年) 山種美術館所蔵
「閑日」 (1974年) 東京国立近代美術館所蔵

略歴

History

1889年 東京の京橋に生まれる。本名は義三。
1905年 梶田半古に入門。当時塾頭であった小林古径に師事し、古径を生涯、師として仰ぎ続けた。
1907年 東京勧業博覧会に「敦盛」が入選する。
1927年 再興第14回院展で「胡瓜畑」が初入選し、2年後に院友となる。
1932年 日本美術院同人になる。
1935年 帝国美術学校(現・武蔵野美術大学)の日本画科教授に就任しする。昭和19年(1944)には東京美術学校の講師となる。
1945年 東京大空襲では家が焼け落ち、長野県佐久郡南穂積町へ疎開する。
1959年 日本画の最高傑作とも言われる「鳴門」を第44回院展に出品。
1962年 文化勲章を受章。
1978年 日本美術院理事長を務める。
1990年 101歳の長寿を全うした。

News