日本画

奥田 元宋

Genso Okuda

1912年 − 2003年
小学校の図画教師の影響で絵を描き始める。1930年に上京し、児玉希望に師事。人物画や花鳥画を中心に創作していたが、疎開してからは故郷三次の自然を写生することに没頭し、風景を描く。1975年「秋嶽紅樹」で<元宋の赤>を切り拓き、風景を独特の赤で表現する。妻で人形作家の奥田小由女とふたりの美術館を作ることを希望し、手元に置いていた作品は2001年奥田元宋・小由女美術館の常設展示作品として公開。

代表作
『秋嶽紅樹』1975/練馬区立美術館
『待月』1949/広島県立美術館

略歴

History

1912年 広島県に生まれる。本名は嚴三。
1930年 上京、児玉希望の内弟子となる。
1937年 児玉希望画塾第1回展で塾賞受賞、号を元宋とする。
1938年 文展特選受賞。
1949年 日展特選・白寿賞受賞。
1962年 日展文部大臣賞受賞。文化庁買い上げ。
1963年 日本芸術院賞受賞。
1973年 日本芸術院会員となる。
1977年 日展理事となる。
1981年 文化功労者顕彰。
1984年 文化勲章受章。
1996年 京都・慈照寺(銀閣寺)の庫裏大玄関、弄清亭の障壁画を完成。
2003年 90歳で死去。

News