日本画

伊東 深水

Shinsui Ito

1899年 − 1972年
華やかな美人画で知られる日本画家。
速水御舟の作品に深い感銘を受け、日本画家になることを決意。鏑木清方に師事。
伝統を継承しながら現代風俗を取り入れ、大衆的な人気を博した。

代表作
『指』1922
『鏡』1947/岐阜県美術館

略歴

History

1898年 東京に生まれる。 本名は一。
1911年 鏑木清方に師事。「深水」の号を与えられる。
1912年 巽画会展初入選。
1914年 院展入選。
1916年 大正末にかけ、絵・彫・摺分業による新版画運動に参加。 新聞雑誌の挿絵・口絵の仕事を多くするようになる。
1922年 平和記念東京博覧会美術展で2等銀牌受賞。
1927年 大井町の自宅に深水画塾を設立。
1932年 展覧会開催を目的に青々会結成。
1936年 文部省美術展覧会委員を委嘱される。
1943年 海軍報道班員として南方諸島を視察。多くスケッチをする。
1948年 日展出品作「鏡」に対して日本芸術院賞受賞。
1950年 画塾の作家・同志と日月社を結成し顧問となる。
1953年 文化財保護委員会の委嘱で無形文化財技術保存記録木版画を制作。
1958年 日展理事となる。 日本芸術院会員となる。
1972年 癌により74歳で死去。