日本画

伊藤 小坡

Shoha Ito

1877年 − 1968年
三重県(現在の伊勢市)に生まれる。猿田彦神社の宮司の長女として生まれる。
京都画壇を中心とし、多くの美人画を手掛けた女流画家。

代表作
「春宵」(1942年)東京国立近代美術館蔵

略歴

History

1877年 三重県(現在の伊勢市)に生まれる。
1895年 地元の磯部百麟に師事する。
1898年 京都に出て百麟の紹介で森川曽文に師事する。
1900年 曽文の病のために谷口香?に師事『小坡』の雅号を授かる。
1915年 第9回文展にて初入選。植村松園に次ぐ女流画家として一躍脚光を浴びる。
1928年 竹内栖鳳主宰の竹杖会に入る。以後、多くの展覧会で活躍。
1968年 京都市上京区の自宅にて逝去。