日本画

平松 礼二

Reiji Hiramatsu

1941年 −
高校美術科在学中から横山操にあこがれて画家を志し、1960年より青龍社に出品、入賞を重ねる。
フランスのオランジュリー美術館でモネの大作「睡蓮」に鮮烈な衝撃を受け発表した「印象派・ジャポニスムへの旅」は、国内外で大きな話題を集める。岩彩・箔・墨・コラージュ等多彩な技法を駆使し、「日本美の特質は、世界性がある」という観点から日本の美を表現する。2000年から 2010年まで「文藝春秋」の表紙画を担当。多摩美術大学教授、了徳寺大学学長を歴任。無所属。

略歴

History

1941 東京都中野区に生まれる。
1960 ~青龍社展へ出品。
1965 愛知大学卒業。
1977 創画展創画会賞、春季展賞受賞。
1979 中日大賞展大賞受賞。
1980 セントラル日本画大賞展優秀賞。
1988 MOA美術館賞優秀賞。
1989 山種美術館賞展大賞受賞。
2000 MOA美術館岡田茂吉賞大賞受賞。
2002 東海テレビ文化賞受賞。
2004 中日文化賞受賞。
2006 多摩美術大学教授退任。
2007 了徳寺大学学長退任。