日本画

千住 博

Hiroshi Senju

1958年 −
東京芸術大学大学院博士課程修了。稗田一穂、杉山寧に師事。
世界的日本画家として活躍。滝のアーティストの異名もある。1995年第46回ヴェネツィア・ビエンナーレ絵画部門で東洋人として史上初となる名誉賞受賞。

略歴

History

1958 東京都杉並区に生まれる。
1987 東京藝術大学大学院博士課程修了。修了制作東大買上。
1995 ヴェネツィアビエンナーレ(ヴェネツィア、イタリア)にて名誉賞受賞。
2000 両洋の眼・21世紀の絵画展で河北倫明賞受賞。 間国宝野村万歳家新十二支扇面制作。
2002 MOA岡田茂吉賞大賞受賞。「水墨の香り」展出品。(ソウル国立現代美術館)
2003 「大徳寺聚光院の襖絵」展。(東京国立博物館) グランドハイアット東京「ウォーターフォール」壁画制作。
2004 東京国際空港第2旅客ターミナルのアートディレクション担当。
2006 光州ビエンナーレ出品。(光州、韓国)
2007 「松風荘」襖絵完成。(フィラデルフィア、アメリカ)
2010 「千住博-青の世界 東山魁夷からの響き-」展開催。(香川県立東山魁夷せとうち美術館) APEC JAPAN 2010の会場構成を担当。 東京国際空港新国際線ターミナルのアートディレクション担当。
2011 JR博多駅のアートディレクション担当。軽井沢千住博美術館開館。 グッチ創設90周年を記念する金閣寺方丈でのアーカイブ展「時の贈りもの」を監修。
2012 OUBセンター(シンガポール)壁画完成。 「日本舞踊×オーケストラ-伝統の競演-」の舞台美術を担当。 個展「CLIFFS」開催。(サンダラムタゴールギャラリー、ニューヨーク)
2013 オペラ「KAMIKAZE」の舞台美術を担当。回向院障壁画完成。大徳寺聚光院襖絵完成。
2015 個展「Day Falls/Night Falls」開催。(サンダラムタゴールギャラリー、シンガポール) JR女川駅・駅舎タイル壁画制作。 グリマーニ宮殿にて「Frontiers Re-imagined」展出品。(ベネチア、イタリア)