日本画

岩波 昭彦

Akihiko Iwanami

1966年 ー
日本美術院院長を務めた松尾敏男に師事。巨大都市ニューヨークの風景を題材にした「都市の肖像」シリーズを描く。ニューヨーク、パリの他、国内外で個展多数開催。国境を越えた新しい日本画に挑戦している。また、新聞連載小説の挿絵、ドラマの絵画協力、展覧会の企画なども行っている。日本美術院特待。美術記者会会員。

略歴

History

1966年 長野県茅野市に生まれる。
1989年 多摩美術大学絵画科日本画専攻(加山又造クラス)卒業。
1991年 産経新聞社東京本社入社、美術記者会会員となる。 院展初入選。
1993年 上野の森美術館大賞展佳作賞受賞。
1994年 諏訪大社図模写に従事。(神長官守矢史料館、長野県茅野市)
1998年 ニューヨークやパリで個展多数開催。
2001年 ニューヨーク・アート・スチューデンツ・リーグにてエッチングを学ぶ。
2006年 紺綬褒章を受章。(同’07、’08年)
2011年 上野の森美術館で個展開催
2012年 97回院展で奨励賞受賞。 「東美アートフェア」岩波昭彦~SCENE~開催。(永善堂画廊ブース) 「Xmas Art Festa」岩波昭彦展 ~SCENE II~開催。(永善堂画廊
2014年 諏訪大社に「平成・諏訪大社 三題(五部作)」を奉納。 「AKIHIKO IWANAMI WORKS 世界をかける日本画」開催。(金谷美術館)