日本画

上村 松篁

Shoko Uemura

1902年 − 2001年
京都市立絵画専門学校(現京都市立芸術大学)に入学、西山翠嶂に師事。画塾の青甲社に入る。山本丘人らと新団体「創造美術」(現創画会)を結成。徹底して写生にこだわり、自宅で1000羽以上の鳥を飼って観察していたほど。母・上村松園と史上初の親子2代で文化勲章受章。息子は上村淳之。

代表作
『星五位』1958年/東京国立近代美術館
『樹下幽禽』1966年/日本芸術院

略歴

History

1902年 京都市に生まれる。本名は信太郎。
1921年 帝展初入選。
1924年 京都市立絵画専門学校(現京都市立芸術大学)卒業。
1928年 帝展特選受賞。
1948年 山本丘人らと「創造美術」(現創画会)結成。
1967年 日本芸術院賞受賞。
1968年 京都市立芸術大学名誉教授となる。
1981年 日本芸術院会員となる。
1983年 文化功労者顕彰。
1984年 文化勲章受章。
2001年 心不全により98歳で死去。