104-0061 東京都中央区銀座6-4-7
G・O・West bldg 10F / 11F
Tel 03-3573-0505 Fax 03-3573-0510
E-mail mail@eizendo.com
WEB www.eizendo.com

  • f

取扱作家

安井 曽太郎

安井 曽太郎Sotaro Yasui
1888年 ― 1955年

7年間のフランス滞在中にイギリス、スペイン、イタリアなども旅してまわり、ミレー、ピサロ、セザンヌに強く影響を受けた。
1930年に発表した「婦人像」から安井独自の油彩画様式を確立し、梅原龍三郎とともに昭和を代表する洋画家と評されるようになった。

 

 

代表作
『金蓉』1934/東京国立近代美術館
『婦人像』1930/京都国立近代美術館

略歴

1888年京都に生まれる。
1904年聖護院洋画研究所にて、浅井忠・鹿子木孟郎らに師事して絵を学ぶ。 梅原龍三郎も在籍していた。
1907年渡欧。フランスではアカデミージュリアンに入り、ジャン=ポール・ローレンスに学んだ。
1914年体調悪化と第一次世界大戦の影響を受け帰国する。
1915年二科展に渡欧作44点を出品。一躍画壇に認められ、二科会会員に推挙される。
1935年帝国美術会会員となり、二科会を退会。
1936年石井柏亭、有島生馬らと一水会を結成。
1944年東京美術学校教授となる。
1952年文化勲章受章。
1955年67歳で死去。