104-0061 東京都中央区銀座6-4-7
G・O・West bldg 10F / 11F
Tel 03-3573-0505 Fax 03-3573-0510
E-mail mail@eizendo.com
WEB www.eizendo.com

  • f

取扱作家

梅原 龍三郎

梅原 龍三郎Ryuzaburo Umehara
1888年-1986年

浅井忠の聖護院洋画研究所で一緒になり、良きライバルとなる安井曽太郎とともに洋画界の頂点を極め、安井・梅原時代と称された。
フランスに渡り、ルノワールの絵に感動、直接指導を受けた。
日本の伝統的な技法を取り入れつつ、明快な色彩と力強く大胆な筆致で奔放自在に描き、日本の洋画を確立した。
1939年から頻繁に北京を訪れ、秀作を多く生んだ。
1957年には様々な役職を辞し、渡欧を繰り返して自由な立場で制作、80歳を過ぎても渡欧を続けた。

 

代表作
『桜島』1935/東京国立近代美術館
『紫禁城』1940/大原美術館
『北京秋天』1942/東京国立近代美術館

略歴

1888年京都に生まれる。
1903年学校を中退し、伊藤快彦の鍾美会で学んだ後、浅井忠の聖護院洋画研究所(現関西美術院)に入った。
1908年渡仏、パリのアカデミー・ジュリアンに入学。ルノワールの絵に感激し、翌年本人から指導を受ける。
1913年帰国し、個展を開催。
1914年二科会の設立に参加。
1922年春陽会の設立に参加。(数年後に退会)
1925年国画制作協会に合流。(3年後に協会が解散、洋画部は国画会となる)
1935年帝国美術院会員となる。
1944年帝国技芸員となる。東京美術学校教授となる。
1952年東京美術学校教授を辞し、渡欧、ヴェネツィア・ビエンナーレの国際審査員をつとめる。
文化勲章受章。
1986年97歳で死去。