104-0061 東京都中央区銀座6-4-7
G・O・West bldg 10F / 11F
Tel 03-3573-0505 Fax 03-3573-0510
E-mail mail@eizendo.com
WEB www.eizendo.com

  • f

取扱作家

横山 大観

横山 大観Taikan Yokoyama
1868年 − 1958年

明治から昭和にかけて近代日本画を牽引した巨匠。
岡倉天心を師とし、日本美術院創立に参加、また日本美術院を再興し中心作家として活躍。
第一回文化勲章受章者。

代表作
『無我』1897年 東京国立博物館蔵
『蕭湘八景』1912年 東京国立博物館蔵 ※重要文化財
『生々流転』1923年 東京国立近代美術館蔵 ※重要文化財

 

横山大観記念館

http://taikan.tokyo

略歴

1868年茨城県の水戸に生まれる。旧姓は酒井、本名は秀麿。のちに母方の横山姓を継ぐ。 はじめは東京英語学校で学ぶも絵画に興味を抱き、東京美術学校を受験するため狩野芳崖らに教えを受ける。
1889年東京美術学校に第一期生として入学。岡倉天心、橋本雅邦らに学ぶ。
1893年東京美術学校を卒業。京都に移り仏画の研究を始める。
1895年京都市立工芸学校の予備会員となる。この頃より雅号を「大観」とする。
1896年同職を辞すと、母校の東京美術学校の助教授に就任。
1898年校長の岡倉天心の排斥運動が起こり、天心が失脚。共に、助教授を辞し、日本美術院創設に参加する。
1907年文部省美術展(文展)の審査員を務める。
1913年守旧派に押されて活動が途絶えていた日本美術院に再興に至る。以後は日本画壇の重鎮として確固たる地位を築く。
1935年朝日文化賞を受賞。帝国美術院会員となる。
1937年第一回文化勲章を受章。
1951年日本美術院会員を辞す。同年文化功労者となる。
1958年死去